保険会社を比較

保険会社で365日24時間いつでも、自動車保険のロードサービスを利用することが出来ますが、それぞれの会社が現場から修理工場まで運んでくれるのですが、それぞれ移動距離の制限が違っていたりします。レッカーサービスはそもそも提携会社を通じての提供なので、契約している自動車保険会社に連絡をなしにして、独自の判断で呼んだとしても有料となってしまったりするので注意をしてください。

レッカーサービスだけでなく、修理工場まで運んでもらったという時、すぐに修理してもらうことが出来れば、そのまま自分のクルマに乗って帰ることが出来ますけど、修理工場にそのまましばらく保管ということもあります。そのようなときに、車両搬送(引取)サービスがあれば大変役立ちます。このようなサービスも、保険会社によっていろいろ違いがありますので、事前にチェックをしておきましょう。

更に事故時レンタカーサービスを利用しなければならない時もあるでしょう。修理工場に事故車を出して、そのまま足がなくレンタカーが必要という時もあります。自分で借りることが出来ますが、当然お金がかかりますし。そのようなとき、原則的に修理期間中の無料代車の特典があるという保険会社もありますし、オプション設定という場合もあります。更にいろいろサポートを、よりお得な体験が出来るようにしっかりチェックしてみることをおすすめします。

警察の紹介は駄目

レッカーを警察に紹介してもらうという方法もあります。そのような場合、レッカーサービスをしているのは民間の会社なのですが、㎞当たり単価が低くても、基本料金、その他の処理にかかる費用がかなり高く、非会員の料金で4万円程度支払いしなければならない場合、警察に紹介してもらった場合、おおよそ、倍から10万円程度という額の可能性があります。

これほど料金って変わってしまうということも頭に入れておく必要がありますし、つい事故を起こしたときに警察の紹介を受けてしまわないように、あらかじめ対策の方法を知っておくべきです。

ここから保険会社が提供しているロードサービスについてもう少し詳しく説明します。自動車保険のロードサービスでは、レッカーサービスだけを提供しているのではありません。車両搬送サービス、帰宅費用・宿泊費用サポート、事故時レンタカーサービス、燃料給油サービス、その他車のトラブル対応サービスなどいろいろなサービスを私達に提供してくれています。

そのようなものは必要ないというかもしれませんが、いざという時必ず役立つものがこのようなサービス提供です。そして保険会社のロードサービスで、365日24時間いつでも、レッカーサービスの提供を受けることが出来ます。

保険会社のサービス

レッカー会社に非会員という場合、やはりそのような場所にお願いせずに、任意保険のロードアシスタンスを利用した方が良いです。しかし、どのようなサービスがここで提供されているかといえば、保険会社によって様々であり、なかなか説明をするのも大変なのですが、 例えば、ある保険会社では、契約1年目から50kmまでのレッカーけん引を無料で受けることが出来たりします。そしてまたある保険会社では、レッカー牽引は1事故に対して15万円を上限として、指定の修理工場へのレッカー牽引だと無制限で利用することが可能です。

そして、もう一つ警察に紹介してもらうという方法がある訳ですが、案外、警察から紹介してもらうのが楽と思ってしまうような場合もあるかもしれません。しかし、今まで紹介したもの以上に、こちらの方が高い費用が発生するので、出来れば、このような方法を利用するべきではありません。レッカーサービスは民間の会社がしており、悪徳業者ということでは全然ありませんが、JAFと比較をしても全然料金が高いですし。後々きっと後悔することになります。私達は単に、レッカーを呼ぶということだけでなく、出来るだけお得に出来る方法について考える必要があります。

事故車を移動

事故車が、自走不能という場合、レッカーで移動もしなければなりません。そこには、方法は一つではなく、JAFなどのロードサービスにお願いする方法がありますし、加入している任意保険の補償であるロードアシスタンスにお願いする方法があります。そして、警察に紹介してもらいレッカーサービスにお願いするというのももう一つの方法です。

みなさんがレッカー会社のロードサービスを利用するという場合、 事前にロードサービスの会員登録をしておく必要があります。もしもロードサービスの会員登録をしていないという場合、非会員でもその会社にお願いをしてレッカー車での牽引してもらう事は出来ます。しかしそこには非会員の費用が発生してしまうので注意をしてください。

会員の場合、基本料金が無料になったり作業料も、工数0.5までが無料、牽引料は15kmまで無料で、部品代・燃料代が実費というのがオーソドックスなものですが、非会員の場合、基本料金から発生します。他にはレッカー料金が全国一律に設定さているレッカーサービスなどがあります。
レッカーは作業工数表によって作業料が発生して、1km毎に牽引料も加算されます。深夜や20時以降になると、新たにその深夜料金として基本料金が上乗せされることも少なくありません。そして、もしも、高速道路上での事故や故障が起こったとき、更に料金は上乗せになってしまうようです。

実際に、非会員という場合、事故時ロードサービスをお願いしたその場で入会できたと言ったケースも過去はあったようですが、現在はそのようなケースは、ほとんど無理です。

参照資料—http://fc24.co.jp/price.html